葉酸を多く含む食品、食べ方まとめ 葉酸で健康に生きましょう!

葉酸の多く含まれる食べ物、食べ方についてまとめました。葉野菜に多く含まれる葉酸ですが、水溶性ビタミンのため茹でるなどの調理をすると、損失しやすいのです。しかし、生のほうが良いものと、茹でた方が良いものがありますのでまとめました。調理する際、その都度調べるのもいいかも知れませんね。

 

生の方がよいもの

パセリ、あさつき、ブロッコリー、よもぎ、しゅんぎく、ケール、こねぎ、サニーレタス、オクラ

 

茹でた方がよいもの

芽きゃべつ、アスパラガス、ほうれん草、かぼちゃ

 

光や熱に弱い性質なので、食べきれなかったものは、冷蔵庫の野菜室に保存するなどしましょう。新鮮なうちに、加熱せずに食べられるサラダ、納豆、果物ならば生搾りジュースにすると効率良く葉酸を摂取することが出来ます。

 

また、野菜以外では効果のあるものをまとめました。
ライチ、くるみ、いちご、うなぎ(きも) 、うに、ホタテ(生で食べることが効果的です)、そら豆、枝豆(茹でて食べることが効果的です)。

 

また、葉野菜以外に葉酸を多く含む代表的なものとして、納豆、レバーがあげられます。納豆は、サラダに混ぜて食べるのもおすすめです。レバーは、多くの量のビタミンAも含まれているため毎日食べるとビタミンAの過剰摂取の危険性があります。食べるほど健康になる葉酸で、元気な生活を目指しましょう!

 

 

>>もっと葉酸のことが知りたい方はコチラ<<

関連ページ

妊娠中の葉酸は、胎児の無脳症を予防する事もできる。
妊娠中の葉酸は、胎児の無脳症を予防する事もできると言われています。無脳症とは脳がなかったり、脳が極端に小さい病気です。奇形児の一つです。健康なお子様を無事出産出来る様に、出来る事はやっていきましょう。
葉酸は胎芽の初期形成において有効に働く。
葉酸は胎芽の初期形成において有効に働くと言われています。妊婦の貧血の改善効果や、子宮内を受精しやすく環境を整える効果があります。葉酸はたくさん摂り過ぎても体外に放出されるので心配ありません。また、葉酸がたくさん含まれている食べ物は・・
妊娠、薄毛、うつ予防に!健康になるために葉酸をとろう
葉酸で妊娠、薄毛、うつ予防に!健康になるために葉酸は妊婦やお腹の赤ちゃんにとって大事な栄養素ですので摂るようにしましょう。葉酸は男性にも効果があります。精子の状態を正常に保つ役割や、葉酸は胎児の奇形も予防する効果があると言われています。
妊婦用(胎児)の葉酸サプリにするか、普通の葉酸サプリにするか。
葉酸は妊婦用や胎児用と通常用と分かれているのでしょうか?ドラッグストアに行って、店員さんに色々と聞いてきました。栄養素や配合量が違うだけで、葉酸には変わりありません。結論からいうと・・・
葉酸は天然で無添加のものを選びましょう。
葉酸は水溶性で熱に弱く、熱を加えると効果や効能がぐんっと下がります。野菜を調理すると必然的に効果が薄れてきます。ですので、葉酸サプリメントの需要が高いのです。葉酸サプリの中には、合成サプリと天然サプリがあるので、良く確認してから購入しましょう。
葉酸が不足すると、お腹の中の胎児が神経管閉塞障害になる危険性が!
葉酸が不足すると、お腹の中の胎児が神経管閉塞障害になる危険性があるのですが、妊娠の初期段階などは葉酸が不足がちです。葉酸が不足すると、胎児への神経管閉塞障害などを発生してしまう危険性が大きくなると言われています。では、どのタイミングが一番よいのでしょうか・・
葉酸の効果は、欧米諸国で認められている。
葉酸の効果は、欧米諸国で認められてきています。胎児の神経管閉鎖障害を発生させない為に研究されてきた事が、ヨーロッパやアメリカ諸国で、現在はこの障害が大分と減ってきたことが報告されています。
妊活で、母体と赤ちゃんの為に葉酸を摂取する。
妊活で母体と赤ちゃんの為には、葉酸を摂取した方がよいと言われています。妊婦になったら、二倍の葉酸を摂取しないといけないって知っていましたか?葉酸不足は胎児にも影響するので、重要な栄養素となります。
妊娠中・授乳中には葉酸サプリがおすすめ
葉酸サプリは、妊娠中や授乳中の方に非常に良いといわれております。栄養素がたくさん入ったものや、無添加無香料のものがあります。オーガニックレーベルの葉酸サプリの評判が良いと聞きましたので・・
葉酸を摂取は大事ですが、やっぱりバランスのよい食生活が必要!
葉酸を摂取は大事ですが、やっぱりバランスのよい食生活が必要です。葉酸サプリは海外でも推奨されていて、とても体に良いですが、サプリだけで全てが改善されるわけではありません。アルコールを・・・
葉酸は適用量を守らないと悪性貧血になる可能性があります。
葉酸は大量に摂取し過ぎるのもよくありません。悪性貧血になっていまう可能性もあります。発熱や斑点など、目に見えるような体の異常を感じる事もあります。なんでも適用量を守るという事が大事になります。