葉酸は妊娠超初期から摂取しなければならない理由があります。

葉酸は何故、妊娠前〜妊娠超初期に摂取が必要なのでしょうか?

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

妊娠中には、葉酸を摂取する事によって、胎児の発達傷害を未然に防ぐ効果があったり、妊婦さんの健康の安定にも役立ったりする事は、広く知られています。しかし、妊娠中からの葉酸の摂取は、もちろん体やお腹の中の赤ちゃんには良いものですが、実は葉酸を摂取する時期は妊娠してからでは遅いのです。

 

妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんが、爆発的に成長する期間というのは、妊娠超初期から8週間くらいの間と言われています。この期間に、細胞分裂が活発になります。実は、この細胞分裂が活発な期間こそ、葉酸を一番摂取しなければならない期間なのです。でも、妊娠しているとわかるのは、大体1ヶ月〜3ヵ月が多いですよね。

 

そうすると、葉酸が一番必要な時期が過ぎてから妊娠がわかってしまうのです。ですので、一番葉酸の効果を実感する為には、妊活中から摂取する事が望ましいのです。もし、妊活中から葉酸を調べられているのであれば、お早めに摂取する事によってお子様が発達障害になる確率をグンッと下げることができます。

 

また、葉酸はお口から摂取するものなので、安心・安全がモットーの葉酸を選ばないといけません。妊活中であれば問題ないのですが、妊娠中となるとニオイにすごく敏感になります。ですので、妊活から妊娠中までえづく事なく安心して摂取できる葉酸が必要となります。

葉酸って一体何かご存知ですか?

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

『名前は聞いた事がある』

 

『妊婦に良いって聞いた』

 

これぐらいでしょうか。実は私自身、葉酸は妊娠の流産予防に摂取するべきという事くらいしか知りませんでした。一体葉酸とは何か調べました。まず葉酸は胎児…つまり赤ちゃんですね。赤ちゃんの先天性奇形を予防したり、貧血の予防、様々なガンの予防や流産予防を葉酸はしてくれます。

 

葉酸を摂取する事により、こういった効果が得られます。それなら是非摂りたいですよね。では、逆に葉酸が不足したらどうなるのか?日本人の食生活の中で極端に葉酸が不足してしまう事はないですが、葉酸は飲酒や経口避妊薬を摂取する事で消費されています。妊活(ママ活)中は、お酒を飲むのが好きな方は葉酸が無くなってくるので注意が必要ですね。葉酸が欠乏してしまうと表れる症状としては…

 

  • 重度の貧血
  • 疲れやすくなる
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 精力減退

 

などがあります。妊娠された妊婦さんは特に赤ちゃんに血液を与えますから、貧血になってしまうと赤ちゃんに上手く栄養がいかなくなります。上手く栄養が与えられないと、低体重の赤ちゃんが生まれたりしますから特に摂取しないといけませんね。葉酸が不足している事によって起こる貧血は、かなり時間が経ってから表れます。

 

気付かない内に重度の貧血に…なんてならないように、流産予防も兼ねて普段から葉酸を含む食生活にするようにして下さい。ただ、1日に必要な葉酸を摂取するのは、日常生活の食事だけでは難しいのが現状です。そこで、葉酸を簡単に摂取できると、妊活中の方や妊娠中の方に人気なのが葉酸サプリです。元気な赤ちゃんを産むためにも葉酸サプリで必要な栄養素を補うのが必須になります。

 

そもそも、妊娠したい女性にとって健やかな体作りは重要事項です。それに妊娠活動(ママ活)、流産予防、妊活を終えた妊娠された妊婦の体を労わる為にも良質な葉酸サプリメントが必要になってきます。妊娠前から、妊娠した時の流産予防も兼ねまして、葉酸サプリを摂取していくことにより、健康な赤ちゃんを産むためのリスクヘッジになってきます。

 

葉酸サプリって一体、どういうものでしょう。

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

葉酸サプリといっても、葉酸がどういうものかを把握しておくことが必要です。その上で産まれてくる赤ちゃんのために、何故必要なのかしっかりと理解しておきましょう。また、赤ちゃんの発育のためにも必要です。妊娠時も必要ですが、赤ちゃんが産まれてからも大変必要な栄養素です。

 

葉酸は、ビタミンの仲間だった。

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

ほうれん草から発見された別名「ビタミンM」と呼ばれています。葉酸は男女関係なく、必要な栄養素であり、妊娠前・流産予防も兼ねて妊娠中・妊娠後の授乳中の女性が摂取すると良いものです。

 

葉酸にも弱点があった!?

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

葉酸の弱点は水や熱に弱いということです。ですので、普通に調理をしますと栄養がほとんど無くなってしまうのです。では、葉酸がたくさん摂れる方法はどんなものがあるのでしょうか。

 

@生の食材のまま食べる。

葉酸は水に溶けやすいのと、熱に弱いので、軽く水洗いだけで食べることが出来る「サラダ」が良いでしょう。

 

Aサッとだけ茹でる

煮てしまうと葉酸を失ってしまいますが、おひたしや和え物なら、沸騰したお湯に野菜をサッとくぐらせて作れるので、葉酸を大幅に損なう事なく食べる事ができます。

 

Bミキサーでジュースにする

「サラダ」と同じくらいおすすめなのが「ジュース」にする方法ですね。野菜と果物を一緒にミックスする事によって、とっても美味しく頂く事ができます。

 

C栄養補助食品や葉酸サプリメントを摂取する

普段の食生活では葉酸の摂取が難しい方は、葉酸サプリメントを摂取する事をおすすめします。また、葉酸の吸収力を高める為に、「マルチビタミン」をあわせて摂取するとより良く葉酸の効果を実感できるはずです。

 

 

管理人が摂取して効果があった葉酸サプリはこちら

 

 

恥ずかしいながら、私は妊娠をするまで、葉酸という栄養素を知りませんでした。妊婦さん向けの雑誌で葉酸について知り、流産予防も兼ねまして、葉酸サプリメントを買って摂取するようになりました。

 

葉酸は、胎児の成長に大きく関わりがあります。妊娠初期は胎児の脳や脊髄などの、体のもっとも大事な部分が形成される時期です。その大事な部分に異常がないようにしてくれるのが葉酸です。

 

私は妊娠してから葉酸を摂取するようになりましたが、妊活中(ママ活)から葉酸を意識して摂取した方が良いでしょう。妊娠が分かる時期って、赤ちゃんができて直ぐに判明するわけではありませんので、その間もしっかりと葉酸で栄養補給をしなければなりませんね。

 

ですので、妊娠してるかも‥と思う時にはすでに赤ちゃんは成長を続けている状態です。だから、妊活中から妊娠してからも流産予防の為にも、葉酸をしっかりと摂取するようにしましょう。

 

葉酸はほうれん草やイチゴ、さつまいもなどにも含まれます。野菜をあまり食べる習慣がない人ならば、葉酸はサプリメントで摂取した方が流産予防や、赤ちゃんの為には良いと思います。私も欠かさず毎日、サプリメントを摂取して元気な子供を産みました。

ハグクミプラスの《はぐくみ葉酸》

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

葉酸はビタミンの仲間で、食物を消化吸収してエネルギーを作り出す働きをしています。その他には、DNAや赤血球の合成、皮膚の粘膜の強化 など、健康と美容や流産予防に欠かせない栄養素です。

 

葉酸は日々の生活の中、野菜・豆類・藻類から摂取できますが、偏った食生活では不足してしまいます。特に妊娠されている場合の葉酸不足は胎児に発育障害を起こすこともあると言われています。そんな大切な葉酸を手軽に摂取できるのが、今話題の「はぐくみ葉酸」です。

 

はぐくみ葉酸は、妊娠中に必要不可欠な栄養素を自然由来にこだわって開発したものになります。〈葉酸500μg)、〈鉄分10mg〉、〈カルシウム200mg〉、〈ビタミン群配合〉でしっかりと1日に必要な量を配合しているので、妊娠中もこのたった3粒だけを飲めばOKなのです♪

 

【人気の秘密1】

必要な葉酸を確実に摂取
葉酸の成人男女の一日の必要量は240μg。妊娠予定のある女性の場合は、400μgが望ましいとされています。はぐくみ葉酸は自然はにこだわった葉酸を500μgを配合しています。※3粒摂取の場合

 

【人気の秘密2】

ビタミン群やミネラル・天然のアミノ酸も配合
体の調子を整え健康維持に必要な「ビタミン・ナイアシン・ベータカロテン・カルシウム・マグネシウム・鉄分」などが、バランス良く配合されています。

 

【人気の秘密3.】

10日間の安心返金保証が付いています
品質検査を厳重に行っていますが、万一合わなかった場合は、商品の1袋分の代金を返金してくれますので、初めての方も安心してお試しが出来ますね♪

 

そして、なんと購入継続の縛りがありません!いつでも休止・解約ができて返金保証があるのだから、お試しには最適ですね。妊娠中はニオイにも敏感になりますが、そのニオイにも気を配っているのが「はぐぐみプラス」です。他の葉酸サプリとの違いを感じて下さい。

 

 

 

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産はぐくみ葉酸サプリ

安心の10日返金保証付き

 

妊娠超初期症状ってどの様な症状なのでしょうか?11の兆候をまとめました。

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

妊娠超初期は妊娠0〜4週目(妊娠1か月間)を指しますが、受精卵が着床するまでの期間、2週目は妊娠していないことになります。受精卵になっていても、子宮に着床していないので、妊娠は成立していないからです。この時期に市販の妊娠薬を使っても陰性と判定されます。この時期に産婦人科を受診しても何も判断されないので、妊娠超初期の症状で、自分自身、妊娠の兆候を判断するしかありません。

 

受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠が成立し、様々な体調の変化があらわれます。受精卵が子宮内膜に着床するのには、4〜7日くらいかかります。着床するまでに卵管の中で細胞分裂を繰り返し、7日目にようやく子宮にたどりつき妊娠が成立します。3週目にして受精卵が着床すると子宮内は胎児の形成や胎盤の完成など妊娠を続けて行う準備を進めます。

 

実際、生理が不順の人の場合、生理が28日周期の人に比べて、妊娠の判断は難しく、妊娠していないだろうと思っていても妊娠していたということが良くあります。早く妊娠を知りたいカップルの方は多いですが、確実な妊娠を知りたい場合、妊娠超初期症状を実感できるまで待たれた方が良いです。妊娠を心待ちにしているのに、そうでなかった場合、落胆する気持ちが大きいです。

 

妊娠超初期は生理日の4日前におこります。様々な症状がありますが、確実な妊娠と判断するのは難しく、生理日になっても生理が始まらない場合は妊娠検査薬で確かめてみましょう。妊娠超初期症状の中で一番初めに起こる症状は「着床出血」です。「着床出血」は、受精卵が子宮内膜に着床するときに子宮内膜に傷がつくために出血します。

 

「着床出血」があると妊娠していると分かりますが、妊娠しているのに「着床出血」の症状があらわれない人もいます。後に起こる初期症状やつわりの症状にしても、徴候がなく妊娠していることに気づかなかったという人もいます。通常、つわりは、妊娠してから2ヶ月〜4ヶ月の間に起こる症状ですが、妊娠超初期にもつわりのような症状がおこります。

 

妊娠超初期症状の11の兆候

着床出血

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

「着床出血」は、生理予定日の一週間から生理日におこりますが、生理と間違えやすく、妊娠検査薬を使ってもHCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌量が少ないので陽性反応にはならないです。
確かに妊娠していると正しく判定できるまでもう少し日数がかかります。

 

基礎体温の変化

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

「基礎体温」で健康状態が分かります。妊娠すると体が熱っぽく37度以上の高熱がしばらく続きます。

 

眠気、だるさ

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

自分自身で感じる妊娠超初期症状は、生理4日前くらいからおこります。体がだるく眠たくなります。「酷い眠気」「体が疲れやすく、だるい」「めまい、貧血」などです。

 

風邪の症状

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

「微熱が続き風邪のような症状」がおこり、体が熱っぽく寝汗をかきます。妊娠すると体温調節機能がうまく働かなくなり寒気が起こります。
「鼻水」や「のどの痛み」もあります。

 

「生理前のような症状」がおこります。

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

「胸の張り」「胸が大きくなる」「乳首がヒリヒリする」「腹痛、下腹部がチクチクする」という様な症状が起こります。

 

「ひどい頭痛」

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

妊娠中の頭痛に悩んでいる人の数は、なんと妊娠中の人の約40%もいると言われています。もともと頭痛持ちだったという人もいますが、妊娠してから頭痛に悩まされているという人も多いようです。

 

「お腹の痛み」「下腹部の痛み」「子宮がチクチク痛む」

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

子宮の膨らみによって周りの筋肉が引き延ばされる為、チクチクとした痛みが発生するようです。中には腰が重くなるといった症状を訴える人もいるようです。

 

「胃もたれ(胃痛)」

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

黄体ホルモンによる胃もたれがあります。黄体ホルモンはお腹の赤ちゃんに負担をかけないようにするホルモンで、子宮の収縮を抑えます。赤ちゃんにとってはとても重要な役目を持っていますが、その反面、胃腸の働きを弱めてしまう作用があります。弱った胃腸は消火活動がおかしくなり、結果として胃もたれや胃痛を起してしまいます。

 

「食べ物の好みが変わる」「匂いに敏感になる」

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

妊娠前に大好きだった食べ物や飲み物がダメになった、無臭だと思っていた旦那のニオイが不快に感じるなど、妊娠する事によって嗅覚や味覚に変化を感じる人も多いようです。

 

「おりものの変化」

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

妊娠超初期には、おりものが多くなりがちです。また、おりものに混ざる「着床時出血」などがあり、おりものをしっかりと観察する事により、妊娠を察する事も出来ます。

 

「精神的な不安」

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

女性ホルモンが急増した事により、情緒不安定になる事があります。たくさんの妊婦さんが経験しているようです。ちょっとした事でイライラしたり、何もないのに不安になったり、感情の起伏が大きくなる事があります。この症状はPMS(月経前症候群)でも見られるので、精神的な不安による情緒不安定だけではどちらの症状かを判別するのは難しいようです。

 

妊娠超初期には、血液が子宮に集中するために、体全体への血液のめぐりが悪くなります。そのために腸のぜんどう運動が鈍り便秘がちになります。「便秘」は妊娠超初期に限らず、妊娠中おこりやすくなります。妊娠中は、ホルモンバランスが崩れるために胃の働きが弱まるため、消化しやすく栄養があるものを食べましょう。胃腸の働きが鈍ると体の中に入った空気が逆に流れるのでガスが発生します。そのため「ゲップ」「おなら」が良く出ます。

 

妊娠するとホルモンバランスが崩れることにより、次々に不調な症状があらわれます。今までになかった「体の各部位の痛み」、「肌のカサカサや吹き出物」、「顔色が悪く化粧のリも良くない」「口内炎」「のどの渇き」「歯の痛み」といった症状もあらわれます。また、精神面での症状は、ホルモンのバランスが崩れることによって自律神経の乱れにより「イライラ」「集中力の低下」「涙もろくなったり」もします。

 

妊娠超初期の重要性と妊娠超初期に葉酸を取るべき理由とは

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

妊娠超初期は、受精卵が細胞分裂を繰り返しながら子宮着床へと向かい、卵管の中を漂い、着床すると妊娠が成立します。この間4〜7日間です。胎児は体の各器官、脊髄が形成される大変重要な時期で、この時期に摂取する栄養分によって、お腹の中での胎児の発育、生まれてきた赤ちゃんの健康に大きな影響を与えます。

 

市販の妊娠検査薬は生理予定日の7日以降に使用すると良いです。早く妊娠を知りたいために、それ以前に使うと、正しく判定されないことがあります。陰性と出ていたのにあとで使うと陽性だったりという場合もあります。ですので生理予定日前の検査薬判定は参考程度にしかならず、生理日予定日7〜10日後以降、もう一度行う方が良いです。もっと確実な判定を望む場合、産婦人科での受診が良いです。

 

妊娠超初期症状のあらわれ方は人により異なりますが、妊娠しているかもしれないと思ったら、赤ちゃんに悪影響が及ぶことがないように飲酒、喫煙、カフェイン入り飲料水の過剰な摂取、飲み薬、サプリなど飲食物には気をつけることが大切です。もしも妊娠と分かった場合、飲酒や喫煙、市販薬を飲んでいた場合、お腹の中の赤ちゃんの発育に不安な気持ちが続き、赤ちゃんが生まれてからも心配が付きまといます。

 

ですので、初めの段階で妊活中のママの飲食物が大切になります。もしもの妊娠に備えて胎児に影響がないような薬を処方してくれる産婦人科や薬局がありますので、妊娠するかもしれないと思った場合は、妊娠中の胎児に影響が及ばない薬を処方してくれる産婦人科や薬局を利用された方が良いです。

 

妊娠中のママやお腹の中の赤ちゃんに良い栄養素が豊富に含まれている「葉酸サプリ」が注目されています。「葉酸」には妊娠期間中、お腹の中の胎児の健康的な発育に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。妊娠期間中における「葉酸」の摂取は厚生労働省も推奨しています。

 

「葉酸」は、食事からでも摂取できますが、水に溶けやすく熱にも弱いので、ほとんどの栄養素が途中の過程で減ってしまい、十分な栄養を摂取することができなくなります。そこで必要な葉酸の栄養素が効率的に摂取できる「葉酸サプリ」が人気です。「葉酸サプリ」には、葉酸の栄養素が凝縮されてはいっているので効果的に栄養素を摂取することができます。

 

「葉酸サプリ」は、胎児の先天性異常、死産、流産のリスクを下げる効果もあります。「葉酸サプリ」摂取に最も適した時期は、妊活しようと思った妊娠前の時期から妊娠3週目までの時期です。この時期には、胎児の脳や脊髄、その他の器官が形成される最も大切な時期で、奇形リスクを減らすこともできます。

 

「葉酸サプリ」摂取の最重要時期をすぎても、ビタミン、ミネラルが豊富な「葉酸」は、赤ちゃんの健康のため、ママ活中の栄養補給、健康と美容のためにも継続して摂取することが望まれます。

 

 

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産安心の10日返金保証付き

↓↓初回1980円で購入できるのはコチラ↓↓

 

http://www.hugkumiplus.net/

出産した知り合いが葉酸について教えてくれました!

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

知り合いがついこの間、出産しました。
そこで話題になったのは「葉酸」のことでした。
知り合いの話を聞いてみると葉酸は、「妊娠」「妊娠中の流産予防」「赤ちゃんのため」にとって、欠かせないものであると知りました。

 

結婚出産する前に知れて良かった…と思いながら、話を聞くと、彼女は、お腹の中の赤ちゃんの成長を、より良くするために、妊娠してからは、葉酸が多く含まれるとされる、ブロッコリーやほうれん草、オクラなどをたくさん摂取したようです。妊娠前から、妊娠準備のために、たくさんとるといいという話も、してくれました。

 

また、葉酸と聞いて野菜しか思い浮かべなかった私にとって、意外だなと思ったのは、うなぎの肝や生食でのホタテ貝、レバーなどにも含まれているということでした。
それから、身体にいい食品の定番である、納豆にも含まれているようです。

 

葉酸について自分でも調べてみると、妊婦は妊娠していない人の二倍、葉酸をとることが推奨されていて、彼女が繰り返し、赤ちゃんのため、流産予防の為と言っている意味がとても分かり、いい母になったんだなぁとしみじみ感じました。

 

葉酸は、妊婦さん以外にも、健康を気にかけるならばやはりたくさんとることが大事なようです。
男性にとっては、薄毛予防にもなるみたいです。

 

妊娠や授乳期などでは葉酸の摂取が必要不可欠

葉酸は妊娠超初期から摂取しなければならない理由があります。

妊娠して、赤ちゃんを授かりたい女性達の場合では、妊娠するおよそ30日以上前などに、毎日約400μgの葉酸を、食事を行う以外などで、市販のサプリメンなどにより、自らの体内へと、必ず摂り入れて行く事が、1番理想的だと、厚生労働省から発表されています。
それが胎児の為、流産予防の為と言われています。

 

以前は葉酸を摂取する事とは、そこまで重要視されていなかったようですが、現在では、流産予防や、赤ちゃんを産んだりする、妊婦さん達の間では、最早一般常識となっており、元気で健康的な胎児などを、しっかり育て上げる為には、当然の事にもなっております。

 

妊娠初期段階の過程などにおいて、妊婦さんが、毎日欠かさずに、葉酸を摂り続けて行く事により、流産予防や、胎児の先天異常などを引き起こしてしまう、危険度などが抑えられて、かなり低くなったりもします。妊娠したばかりなどの、大体2ヶ月半未満などでは、神経管閉鎖障害などと言われている、胎児特有の障害である、先天奇形の障害などが、起きやすい時期でもあります。

 

この障害を患って、生まれて来た赤ちゃんのケースだと、例え妊婦さんが、流産せずに無事に出産出来たとしてでも、それ以降では、生命力などを、きちんと維持出来なかったり、成長過程なども、日常生活などに、大きく支障を来たす恐れなどがある為、重度の障害などが必ず残ってしまう、危険性などの症例などもあります。そこで、罹病する割合などを、少しでも減少させて行く、目的の為などに、アメリカとヨーロッパ諸国では、1980年頃を皮切りに、あらゆる研究や実験などが、実施されておりました。

 

最終的な結果などとして、明らかになった事とは、妊娠始めの30日から〜90日の期間などにより、葉酸をしっかりと、一定量摂り続けた、妊婦さんのパターンでは、母体にいる胎児が、神経管閉鎖障害へと、見舞われてしまうリスクなどを、大幅に軽減化出来る事が、はっきりと解明出来たそうです。

 

葉酸の摂取にも注意点があります

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

葉酸とは、私達人間の身体には、必要不可欠でもある、栄養分でもありますが、ついつい忘れがちでもある、充分に補え切れていない、栄養成分でもあります。そうした理由などがあり、健康に気を遣っている、多くの人達では、栄養補助食品(サプリメント)などにより、気軽に体内へと、摂り続けているのが、大半なのだと思います。

 

葉酸サプリメントは、毎日の食生活などで、どうしても摂る事が出来なかった、それぞれの栄養素などを、個別に摂取出来るので、非常に頼りがいになる為、かなり重宝するかと思います。

 

葉酸の栄養補助食品なども、とても便利でもありますが、各サプリメントなどと一緒に飲み併せて行く際では、充分に注意を払い、気を付なくてはいけない処方薬などが出て来たりもします。その処方薬とは、てんかん治療薬として、用いられている、抗てんかん薬であり、フェニトイン(アレビアチン・ヒダントール)などの医療薬などを服用している場合では、葉酸の栄養補助食品と、同時に飲んで行く事を、避けておいた方が、安全だと言われています。

 

何故かと言うと、フェニトインの代謝を促す作用などが、葉酸の栄養補助にはあるのだそうで、その為、抗てんかん薬が、本来持っている、高い改善効果などを弱めてしまい、どうしても、損ねてしまうからなんです。

 

葉酸の知識などに関して

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

胎児が引き起こしやすい、障害などとして、神経管閉塞障害が挙げられます。この障害とは、葉酸を自らの身体の中へと、摂り続けて行く、タイミングなどで、きちんと防止する事が出来たりもします。基本的に葉酸とは、妊娠する約1ヶ月前などを基準として、自分自身の体内へと摂取する事が、1番効果の高い、抑止力などにも繋がったりします。

 

厚生労働省が発表している、データによると、女性自身が妊娠する、約30日位前などから〜90日前後の日数などにおいて、1日当たり、およそ400μgの葉酸などを、毎日しっかりと摂り続けて行く事が、胎児を、先天異常の障害などの、被害などに陥らせない為には、とても大切なポイントになるんだそうです。イギリスなどで実施された、様々な実験や研究から得た、結果などでは、女性が受胎する1ヶ月以上前に、確実に葉酸を摂り続けていた、妊娠のパターンだと、全く摂取していなかった、妊婦のケースよりも、心臓奇形などや、神経管などを欠損した、新生児などが出産されて来る、危険度などが、かなり低い傾向にあったのだそうです。

 

本人が妊娠するのを、予め確実に把握する事が、出来れば良いのですが、まず解らないので、妊娠する確率が、比較的大きい、女性であるのならば、直ぐにでも、実行に移したりして、日常生活の中などで、自らの体内へと、葉酸を欠かさず飲み続けて行く事が肝心です。流産予防の為にも強いカラダをつくり、元気な赤ちゃんを産んでくださいね♪

つわりに苦しむ女性は流産の危険が下がる?

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産

つわりのつらい期間にも意味がある?

 

妊娠経験のある女性にしか、その本当のつらさはわからないともいわれる、ひどいつわりの症状。実は古くから、つわりと流産の回避率には深い関連性があるとも指摘されてきましたが、それを科学的に証明することは困難と考えられてきました。

 

ところが、このほど医学ジャーナルの「JAMA Internal Medicine」に掲載された論文によると、つわりがひどい女性ほど、流産をする危険性が下がるとするデータが判明。もちろん、つわりがないからといって、流産の危険が増すというわけではないものの、ひどいつわりにも、妊娠期にプラス面となる好影響があるとの見解が公表されています。

 

NICHDの研究者チームは、米国内の797名の妊婦を対象に、アスピリンが妊娠期におよぼす影響を調査したとあるレポートのデータを徹底解析しました。全女性の妊娠初期からの詳細なつわりに関する記録と、流産の確率を比較したのです。

 

一般的には流産が生じて初めて、その前に経験したつわりの症状を、さかのぼって尋ねるケースが多かったのです。でも同調査レポートは、妊娠初期から週ごとに症状を詳細に記録してあったことが、貴重な分析結果につながっているとされています。

 

全調査対象者のうち、妊娠2か月の時点で、頻繁に吐き気やむかつきを覚えた女性は57%。一方、単に吐き気に悩まされるのみならず、実際に嘔吐も伴う、ひどいつわりに苦しんだ女性は27%となりました。しかしながら、このつわりがひどかったグループの女性が流産にいたる確率は、同時期になんのつわりの症状もなかったグループの女性が流産をする割合と比べて、50?75%も低くなったことが明らかにされています。

 

過去に流産経験がある女性でも、初めての出産となる女性でも、つわりがひどかったグループほど流産の危険性が下がっていることに変わりはなかったんだとか。あくまでも今回の分析結果は、別の目的の調査レポートから導き出されたものであり、これからさらなる詳細な調査も進められていく方針です。とはいえ、長らく謎とされてきたつわりの神秘が、少し明かされた形でもあるでしょうか…。
参照:GIZMODO

 

つわりの意味がわかると、それも愛おしい我が子の為だと思えるのではないでしょうか。
しっかりと葉酸で赤ちゃんに栄養を与え、つわりにも耐え、元気な赤ちゃんを授かれるといいですね♪

 

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産はぐくみ葉酸サプリ

管理栄養士のサポート付!

安心の10日返金保証付き

↓↓初回1980円で購入できるのはコチラ↓↓

葉酸,妊娠超初期,妊活,流産