葉酸は何故、妊娠前〜妊娠超初期に摂取が必要なのでしょうか?

妊娠中には、葉酸を摂取する事によって、胎児の発達傷害を未然に防ぐ効果があったり、妊婦さんの健康の安定にも役立ったりする事は、広く知られています。

 

しかし、妊娠中からの葉酸の摂取は、もちろん体やお腹の中の赤ちゃんには良いものですが、実は葉酸を摂取する時期は妊娠してからでは遅いのです。

 

妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんが、爆発的に成長する期間というのは、妊娠超初期から8週間くらいの間と言われています。

 

この期間に、細胞分裂が活発になります。

 

実は、この細胞分裂が活発な期間こそ、葉酸を一番摂取しなければならない期間なのです。

 

でも、妊娠しているとわかるのは、大体1ヶ月〜3ヵ月が多いですよね。

 

そうすると、葉酸が一番必要な時期が過ぎてから妊娠がわかってしまうのです。

 

ですので、一番葉酸の効果を実感する為には、妊活中から摂取する事が望ましいのです。

 

もし、妊活中から葉酸を調べられているのであれば、お早めに摂取する事によって

 

お子様が発達障害になる確率をグンッと下げることができます。

 

また、葉酸はお口から摂取するものなので、安心・安全がモットーの葉酸を選ばれて下さいね。

 

葉酸って一体何かご存知ですか?

『名前は聞いた事がある』

 

『妊婦に良いって聞いた』

 

これぐらいでしょうか。

 

実は私自身、葉酸は妊娠の流産予防に摂取するべきという事くらいしか知りませんでした。

 

一体葉酸とは何か調べました。

 

まず葉酸は胎児…つまり赤ちゃんですね。赤ちゃんの先天性奇形を予防したり、貧血の予防、様々なガンの予防や流産予防を葉酸はしてくれます。

 

葉酸を摂取する事により、こういった効果が得られます。

 

それなら是非とりたいですよね。

 

では、逆に葉酸が不足したらどうなるのか?

 

日本人の食生活の中で極端に葉酸が不足してしまう事はないです。

 

だけど、葉酸は飲酒や経口避妊薬を摂取する事で消費されています。

 

ですので、お酒を飲むのが好きな方は葉酸が無くなってくるので注意が必要ですね。

 

葉酸が欠乏してしまうと表れる症状としては…

 

  • 重度の貧血
  • 疲れやすくなる
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 精力減退

 

などがあります。

 

妊娠された妊婦さんは特に赤ちゃんに血液を与えますから、貧血になってしまうと赤ちゃんに上手く栄養がいかなくなります。

 

上手く栄養が与えられないと、低体重の赤ちゃんが生まれたりしますから特に摂取するべきですね。

 

葉酸が不足している事によって起こる貧血は、かなり時間が経ってから表れます。

 

気付かない内に重度の貧血に…なんてならないように、流産予防も兼ねて
普段から葉酸を含む食生活に注意が必要ですね。

 

葉酸サプリメントが必要なのは何も妊娠された妊婦だけではないのです。
といっても、元気な赤ちゃんを産むためにも葉酸サプリで必要な栄養素を補うのが必要になってくるのですが。

 

そもそも、妊娠したい女性にとって健やかな体作りは重要事項です。
それに妊娠活動、流産予防、縮めて妊活を終えた妊娠された妊婦の体を労わるためにもいい葉酸サプリメントが必要です。
というか、妊娠したら即、流産予防も兼ねまして葉酸サプリを飲んだほうがいいです。

 

さて、葉酸サプリって一体、どういうものでしょう。

 

結局、そこに着目するわけですが、葉酸サプリといっても葉酸がどういうものか把握しておくことが必要です。

 

葉酸は妊娠超初期から摂取しなければならない理由があります。

その上で生まれてくる赤ちゃんのために何故、必要なのかきちんと理解しておきましょう。
しかも、赤ちゃんの発育のためにも必要です。妊娠時も必要ですが、赤ちゃんが産まれてからもたいへん必要な栄養素です。

 

ちなみに葉酸は、ビタミンの仲間って知っていました?
ほうれん草から発見された別名「ビタミンM」と呼ばれています。
葉酸は男女関係なく、必要な栄養素であり、妊娠前・流産予防妊も兼ねて妊娠中・娠後の授乳中の女性が摂取すべきものです。

 

ただ、葉酸の弱点は非常に熱に弱いということです。

 

だから、葉酸サプリメントが必要になってくるわけです。
葉酸サプリメントならそんなこと、関係なく気軽に摂取できますね♪

 

恥ずかしいながら、私は葉酸という栄養素を知りませんでした。初めて葉酸を知ったのは、妊娠した時でした。
妊娠された妊婦さん向けの雑誌で葉酸について知り、流産予防も兼ねまして、タブレットを買って摂取するようになったんです。

 

葉酸は、胎児の成長に大きく関わりがあります。
妊娠初期は胎児の脳や脊髄などの、体のもっとも大事なところができる時期です。
その大事な部分に異常がないようにしてくれるのが葉酸です。
なのでマタニティーグッズを販売している店では、葉酸のタブレットが置いてある場合が多いです。

 

私は妊娠してから葉酸を摂取するようになりましたが、実は子作りしている時期から葉酸を意識して摂取した方がいいそうです。妊娠が分かる時期って、赤ちゃんがお腹にできて直ぐに分かるわけではなく、何周か経ってから分かります。
なので、妊娠してるかも‥と思う時にはすでに赤ちゃんは成長を続けている状態です。だから、子作りしている時期から妊娠してからも流産予防の為にも、葉酸は大事なんです。

 

葉酸はほうれん草やイチゴ、さつまいもなどに含まれます。
野菜をあんまり食べる習慣がない人ならば、葉酸はタブレットなどで摂取した方が流産予防や、赤ちゃんのためにはいいです。
私も欠かさず毎日、タブレットを摂取して元気な子供を産みました。

 

ハグクミプラスの《はぐくみ葉酸》

葉酸はビタミンの仲間で、食物を消化吸収してエネルギーを作り出す働きをしています。その他には、DNAや赤血球の合成、皮膚の粘膜の強化 など、健康と美容や流産予防に欠かせない栄養素です。

 

葉酸は日々の生活の中、野菜・豆類・藻類から摂取できますが、偏った食生活では不足してしまいます。特に妊娠されている場合の葉酸不足は胎児に発育障害を起こすこともあると言われています。

 

そんな大切な葉酸を手軽に摂取できるのが、今話題の「はぐくみ葉酸」なのです。

 

はぐくみ葉酸は、妊娠中に必要不可欠な栄養素を自然由来にこだわって開発したものになります。〈葉酸500μg)、〈鉄分10mg〉、〈カルシウム200mg〉、〈ビタミン群配合〉でしっかりと1日に必要な量を配合しているので、妊娠中もこのたった3粒だけを飲めばOKなのです♪

 

【人気の秘密1】
必要な葉酸を確実に摂取
葉酸の成人男女の一日の必要量は240μg。妊娠予定のある女性の場合は、400μgが望ましいとされています。はぐくみ葉酸は自然はにこだわった葉酸を500μgを配合しています。

 

【人気の秘密2】
ビタミン群やミネラル・天然のアミノ酸も配合
体の調子を整え健康維持に必要な「ビタミン・ナイアシン・ベータカロテン・カルシウム・マグネシウム・鉄分」などが、バランス良く配合されています。

 

【人気の秘密3.】
10日間の安心返金保証が付いています
品質検査を厳重に行っていますが、万一合わなかった場合は、商品の1袋分の代金を返金してくれますので、初めての方も安心してお試しが出来ますね♪

 

そして、なんと購入継続の縛りがありません!いつでも休止・解約ができて返金保証があるのだから、お試しには最適ですね。
妊娠中はニオイにも敏感になりますが、そのニオイにも気を配っているのが「はぐぐみプラス」です。他の葉酸サプリとの違いを感じて下さい。

 

出産した知り合いが葉酸について教えてくれました!

知り合いがついこの間、出産しました。
そこで話題になったのは「葉酸」のことでした。
お恥ずかしいながら、はっきり言って初めて聞く単語で、野菜からとれる物質なんだろうなくらいの気持ちでした。
ですが、知り合いの話を聞いてみると葉酸は、「妊娠」「妊娠中の流産予防」「赤ちゃんのため」にとって、欠かせないものであると知りました。

 

結婚出産する前に知れて良かった…と思いながら、話を聞くと、彼女は、お腹の中の赤ちゃんの成長を、より良くするために、妊娠してからは、葉酸が多く含まれるとされる、ブロッコリーやほうれん草、オクラなどをたくさん摂取したようです。妊娠前から、妊娠準備のために、たくさんとるといいという話も、してくれました。

 

また、葉酸と聞いて野菜しか思い浮かべなかった私にとって、意外だなと思ったのは、うなぎの肝や生食でのホタテ貝、レバーなどにも含まれているということでした。
それから、身体にいい食品の定番である、納豆にも含まれているようです。

 

葉酸について自分でも調べてみると、妊婦は妊娠していない人の二倍、葉酸をとることが推奨されていて、彼女が繰り返し、赤ちゃんのため、流産予防の為と言っている意味がとても分かり、いい母になったんだなぁとしみじみ感じました。

 

葉酸は、妊婦さん以外にも、健康を気にかけるならばやはりたくさんとることが大事なようです。
男性にとっては、薄毛予防にもなるみたいです。

 

妊娠や授乳期などでは葉酸の摂取が必要不可欠

葉酸は妊娠超初期から摂取しなければならない理由があります。

妊娠して、赤ちゃんを授かりたい女性達の場合では、妊娠するおよそ30日以上前などに、毎日約400μgの葉酸を、食事を行う以外などで、市販のサプリメンなどにより、自らの体内へと、必ず摂り入れて行く事が、1番理想的だと、厚生労働省から発表されています。
それが胎児の為、流産予防の為と言われています。

 

以前では葉酸を摂取する事とは、そこまで重要視されていなかったようですが、現在では、流産予防や、赤ちゃんを産んだりする、妊婦さん達の間では、最早一般常識となっており、元気で健康的な胎児などを、しっかり育て上げる為には、当然の事にもなっております。

 

妊娠初期段階の過程などにおいて、妊婦さんが、毎日欠かさずに、葉酸を摂り続けて行く事により、流産予防や、胎児の先天異常などを引き起こしてしまう、危険度などが抑えられて、かなり低くなったりもします。妊娠したばかりなどの、大体2ヶ月半未満などでは、神経管閉鎖障害などと言われている、胎児特有の障害である、先天奇形の障害などが、起きやすい時期でもあります。

 

この障害を患って、生まれて来た赤ちゃんのケースだと、例え妊婦さんが、流産せずに無事に出産出来たとしてでも、それ以降では、生命力などを、きちんと維持出来なかったり、成長過程なども、日常生活などに、大きく支障を来たす恐れなどがある為、重度の障害などが必ず残ってしまう、危険性などの症例などもあります。そこで、罹病する割合などを、少しでも減少させて行く、目的の為などに、アメリカとヨーロッパ諸国では、1980年頃を皮切りに、あらゆる研究や実験などが、実施されておりました。

 

最終的な結果などとして、明らかになった事とは、妊娠始めの30日から〜90日の期間などにより、葉酸をしっかりと、一定量摂り続けた、妊婦さんのパターンでは、母体にいる胎児が、神経管閉鎖障害へと、見舞われてしまうリスクなどを、大幅に軽減化出来る事が、はっきりと解明出来たのだと言われているそうです。

 

葉酸の基礎知識に関して

葉酸とは、私達人間の身体には、必要不可欠でもある、栄養分でもあるようですが、ついつい忘れがちでもある、充分に補え切れていない、栄養成分でもあります。そうした理由などがあり、健康に気を遣っている、多くの人達では、栄養補助食品(サプリメント)などにより、気軽に体内へと、摂り続けているのが、大半なのだと思われます。

 

健康栄養補助食品では、毎日の食生活などで、どうしても摂る事が出来なかった、それぞれの栄養素などを、個別に摂取出来たりして、きちんと補えるので、非常に頼りがいになる為、かなり重宝するかと思います。

 

葉酸の栄養補助食品なども、とても便利でもありますが、各サプリメントなどと、一緒に飲み併せて行く際では、充分に注意を払い、気を付なくてはいけない、処方薬などが出て来たりもします。その処方薬とは、てんかん治療薬として、用いられている、抗てんかん薬であり、フェニトイン(アレビアチン・ヒダントール)などの、

 

医療薬などを服用している場合では、葉酸の栄養補助食品と、同時に飲んで行く事を、避けておいた方が、安全だと言われています。何故かと言うと、フェニトインの代謝を促す作用などが、葉酸の栄養補助にはあるのだそうで、その為、抗てんかん薬が、本来持っている、高い改善効果などを弱めてしまい、どうしても、損ねてしまうからなんです。

 

葉酸の知識などに関して

胎児が引き起こしやすい、障害などとして、神経管閉塞障害が挙げられます。この障害とは、葉酸を自らの身体の中へと、摂り続けて行く、タイミングなどで、きちんと防止する事が出来たりもします。基本的に葉酸とは、妊娠する約1ヶ月前などを基準として、自分自身の体内へと摂取する事が、1番効果の高い、抑止力などにも繋がったりします。

 

厚生労働省が発表している、データによると、女性自身が妊娠する、約30日位前などから〜90日前後の日数などにおいて、1日当たり、凡そ400μgの葉酸などを、毎日しっかりと摂り続けて行く事が、胎児を、先天異常の障害などの、被害などに陥らせない為には、とても大切なポイントになるんだそうです。イギリスなどで実施された、様々な実験や研究から得た、結果などでは、女性が受胎する1ヶ月以上前に、確実に葉酸を摂り続けていた、妊娠のパターンだと、

 

全く摂取していなかった、妊婦のケースよりも、心臓奇形などや、神経管などを欠損した、新生児などが出産されて来る、危険度などが、かなり低い傾向にあったのだそうです。本人が妊娠するのを、予め確実に把握する事が、出来れば良いのですが、まず解らないので、妊娠する確率が、比較的大きい、女性であるのならば、直ぐにでも、実行に移したりして、日常生活の中などで、自らの体内へと、葉酸を欠かさず飲み続けて行く事が肝心です。
流産予防の為にも強いカラダをつくり、元気な赤ちゃんを産んでください。